【まぶた.com】〜ドライアイ〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
mabutano21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではまぶたの痙攣の原因、ドライアイについて詳しく説明しています。

ドライアイとは、眼球が乾く事によって起こる様々な目の障害のことで角膜乾燥症とも呼ばれています。眼球が乾くのは、涙の量や質が変化することが原因となります。
ドライアイの症状は、まず「目が乾く」ことです。この他にも「目がゴロゴロ感じたり痛んだりする」や「光がかなりまぶしく感じる」、「視界がかすむ」などがありますが、症状が進むにつれ「まぶたが重い」や「まぶたが痙攣する」、「目がすぐ赤くなる」や「視力が落ちた」など重い症状も加わってきます。ドライアイが進行すると、角膜炎や結膜炎など他の眼の病気も併発していき、目の障害は重いものへと進んでしまいます。

ドライアイになる原因は色々あります。近年パソコンや携帯電話の普及により液晶画面を見続ける行為が増え、目を酷使する状況が多くなったことが最大の原因と言われています。他にもコンタクトレンズが要因となることも増えました。コンタクトレンズは角膜に直接レンズを付着させるので、眼球が乾燥しやすくドライアイになりやすくなります。

治療と予防はほとんど同じで、まず第一に涙と同じ成分の目薬をまめに点眼し乾燥を防ぐことです。また湿度の低い場所は出来るだけ避け、タバコなどの煙も目に入らないよう注意しなければなりません。目が疲れないよう適度に目を休めるようにすることも重要となります。


⇒ 眼瞼痙攣とは

⇒ チック症

⇒ 顔面ミオキミア


sponsored link



copyright©2013  【まぶた.com】〜瞼の痙攣・腫れ・たるみ解消〜  All Rights Reserved