【まぶた.com】〜眼瞼痙攣とは〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
mabutano21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではまぶたの痙攣、眼瞼痙攣について詳しく説明しています。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)とは、両まぶたの筋肉が収縮し痙攣を起こしてまぶたを意識的に動かすことが困難になる病気です。眼瞼攣縮(がんけんれんしゅく)とも呼ばれます。
特にまぶたを開けにくい状態になり、初期症状としては「まぶしい」「眼が乾く」「まぶたが勝手にピクピクと小刻みに動く」などがあり、ドライアイの症状とよく似ている為に混同されがちです。
また疲れている時にこれらの症状が顕著に現れるのも、この病気の特徴です。症状が進行するとまぶたが重く感じるようになり、目を開けることが辛くなってきます。次第に視力があっても失明に近い状態で物を見て行動することが困難になって、日常生活にも大きな支障を来たす恐れもあります。

また眼瞼痙攣は40代以降の中高年に多く男性よりも女性に多いのが特徴ですが、稀に若年層でも発症するケースもあります。日本人では500人に1人の割合、およそ20万人以上の患者がいると言われています。

原因は「脳の障害」や「結膜炎などの眼の病気によるもの」、「特定薬剤の副作用」や「精神的ストレス」など様々な説がありますが、完全に解明されたわけではありません。よって、治療は対症療法が基本となります。


⇒ ドライアイ

⇒ チック症

⇒ 顔面ミオキミア


sponsored link



copyright©2013  【まぶた.com】〜瞼の痙攣・腫れ・たるみ解消〜  All Rights Reserved