【まぶた.com】〜まぶたのたるみ解消〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
mabutano21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではまぶたのたるみ解消法について、詳しく説明しています。

まぶたのたるみは女性だけでなく男性でも気になります。まぶたがたるんでいると、ぶすっとふてくされたように見えたり人相が悪く見えるので、やはりなんとかしたいものです。
まぶたの皮膚は薄く保水能力が低いので、乾燥しやすい場所です。これがまぶたのたるみの最大の原因で、さらに年齢を重ねる毎に保湿能力は衰え助長します。また、まぶたの筋肉も年齢と共に衰え、食生活の悪さも手伝うと脂肪が増えてたるみを作る要因となってしまいます。
このようにまぶたのたるみは加齢とともに年々進行していくのが一般的です。

まぶたのたるみの解消には、色々な方法があります。美容の分野でもマッサージやエステ、果ては整形手術などで改善することは出来ます。しかしどれもそれ相応のお金がかかってしまいますし、その都度効果はあっても永久に続くものではありません。やはり一番大事なのはまぶたの筋肉や顔全体の筋肉を常日頃から鍛えておくことです。
顔の筋肉は表情筋といって、顔にある30以上の表情を作り出す筋肉の総称です。この中でも最もまぶたに関連するのは眼輪筋ですが、眼輪筋単体で鍛えるというのはナンセンスです。顔の表情は当然まぶただけで形成されているわけではないので、他の筋肉も鍛えて表情豊かで美しい顔を作り出しましょう。

表情筋を鍛える一番のコツは、とにかく無表情を出さないよう常に顔の表情を意識することです。無表情で居るのはとても楽で一人で居る時はリラックス出来るのも事実ですが、無表情というのは顔の筋肉を一切使っていない状態です。筋肉は使わないと衰えてしまいますので、無表情にならないよう(特に笑顔を意識して)表情を出すようにしましょう。最初は顔が引きつる程に筋肉痛を味わうかもしれませんが、しばらく続けて慣れてくると自然と楽に表情が作り出せるようになります。まぶたのたるみの解消法は、これが遠いようで近い最も効果的な方法なのです。


⇒ 治療について


sponsored link



copyright©2013  【まぶた.com】〜瞼の痙攣・腫れ・たるみ解消〜  All Rights Reserved