【まぶた.com】〜チック症〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
mabutano21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではまぶたの痙攣の原因、チック症について詳しく説明しています。

チック症とはいわゆる癖のようなもので、動きが中心の「運動チック」と発声が中心な「音声チック」の2つに分類できます。思春期以前の子供に多く見られる病気で、大人に成長していくにつれ消失していくのが特徴です。ただし重症化し長期に渡って慢性化したものはチック症とは呼ばずに、トゥーレット症候群と呼んで分類されます。

まぶたの痙攣も「運動チック」の症状として多く見られ、他にも「まばたきを繰り返す」や「目をキョロキョロと動かす」、「口をすぼめる」や「首を振る」などの首より上部の症状が多く見られます。
これに対し「音声チック」は、「咳払い」や「鼻ならし」、「あー、えー、うん、などの単語を繰り返す」といった症状があります。
これらの症状は、特に精神的ストレスを感じている時に起こりやすく、何かに集中している時や寝ている時はほとんど起こらないのも特徴的です。

チック症の原因は完全に解明されたわけではなく、線状体という脳の一部の異常やストレス性によるものという説が一般的です。治療についても、多くが自然に治癒していくことから特定の治療法が存在するわけではなく、経過を観察するのがほとんどです。重症と思われる場合には、向精神薬を使用することもあります。


⇒ 眼瞼痙攣とは

⇒ ドライアイ

⇒ 顔面ミオキミア


sponsored link



copyright©2013  【まぶた.com】〜瞼の痙攣・腫れ・たるみ解消〜  All Rights Reserved