【まぶた.com】〜治療について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
mabutano21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではまぶたの治療について、詳しく説明しています。

まぶたが腫れたり痙攣している時に何か治療を行うということは、実際はあまりされないことが多いです。ほとんどの場合、すぐに自然治癒してしまうからです。しかし、放っておいても大丈夫な場合と駄目な場合があります。

まぶたの腫れに対しては、赤く腫れ上がるような場合は炎症を起こしているので、まずは濡れタオルや冷却マスクなどで冷やしましょう。しばらく様子を見て次第に腫れが引くようであれば問題ないですが、そうでない場合は細菌感染やウイルス感染の疑いがある為、眼科で適切な治療を受ける必要があるでしょう。

まぶたの痙攣に対しては、ボトックス注射を行う治療が主流です。ボトックス注射とは、ボツリヌス菌が作り出す毒素であるボツリヌストキシンというタンパク質の一種を注入することで、アセチルコリンの働きを抑える治療法です。アセチルコリンは神経伝達物質のことで、ボツリヌス毒素はこのアセチルコリンの働きを抑制し、筋肉の収縮を抑えて痙攣しないようにすることが出来ます。
ボトックス注射は美容外科でよく知られている注射で、筋肉の働きを抑制して顔のしわを取り除いたり、汗腺の働きを抑えるワキガ多汗症の治療法としても有名です。
ただし効果は3ヶ月程度とそう長くはないので、効果が無くなると再度注射を行う必要があります。また一度の注射で完治する場合もあれば、複数回注入しても完治しないこともあるので注意が必要です。


⇒ まぶたのたるみ解消


sponsored link



copyright©2013  【まぶた.com】〜瞼の痙攣・腫れ・たるみ解消〜  All Rights Reserved