【まぶた.com】〜まぶたの役割〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
mabutano21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではまぶたの役割について、詳しく説明しています。

まぶたの役割は、その名の示す通り「目の蓋」です。め(昔は目を”ま”と発音)を蓋(ふた)することから「まぶた」という名が付いてます。まぶたを閉じたり開いたりするまばたきによって、眼球を異物や乾燥などの障害から保護しています。目の前に何かが接近したときに、反射的にまぶたを閉じて眼を守ろうとする働きもあります。同じように、寝るときはまぶたは常に閉じて眼の乾燥を防ぎます。
この他にも、眩しい時は目を細めたり暗い所では大きく見開いたりすることで、眼に入る光の加減を調節して見えやすくする働きもあります。特に目を細めることで、カメラレンズで言うピントを合わせる働きもあり、見えにくいものを見えやすくするといった役割も持っています。

最近では整形技術の進歩もあり、まぶたを二重にしたり涙袋を大きくしたりと色々な手術を受ける方も増えてきましたが、まぶたにはその人の人相や表情を決定づける外見上の大きな役割も持っています。例えばまぶたが腫れぼったい人や目を細めている人は、睨んでいるように見えて人相が少し悪く見えます。

このようにまぶたは単に眼球を守っているだけでなく、表情を決める要素もあるのです。


⇒ まぶたの構造


sponsored link



copyright©2013  【まぶた.com】〜瞼の痙攣・腫れ・たるみ解消〜  All Rights Reserved